ぱーぷるの日記

普段、過ごしていて思ったことを気ままに綴るブログです。内容は映画・音楽・英語など様々取り上げます。

MENU

遂にこの快挙が起きてしまった。。ビリー・アイリッシュが席巻した2020年のグラミー賞の結果解説【洋楽】

f:id:theclock:20200127221543p:image

<スポンサーリンク>

 

Hi !!

ぱーぷるです。

今年も例年通り、音楽最大のアワード、グラミー賞の授賞式がありました。

結果はタイトルにもある通りの、歴史的なものに。

今回はその結果についてあれこれ言いたいと思います。

ノミネート楽曲については以下の記事をご覧ください↓

 

さて本題に入りますが、こちらの記事で、主要4部門のノミネート紹介と受賞予想をしていましたが、その冒頭で実は今回の結果を危惧する内容を書いていました。

 

その危惧が見事に的中してしまった形になりました。

では、結果まずご紹介。

最優秀レコード賞 Bad Guy / Billie Eilish

最優秀アルバム賞 「when we all fall asleep, where do we go ?」Billie Eilish

最優秀楽曲賞   Bad Guy / Billie Eilish

最優秀新人賞   Billie Eilish

 

非常にシンプルで恐ろしい、結果となりました。

主要4部門で3部門を独占したアーティストは直近ではアデルやサム・スミス、ブルーノ・マーズなどがいますが、全て独占したアーティストは彼女が初めて。

 

いや~、これ彼女だったから激怒するまではいきませんが、ちょっとこの結果にはガッカリです。

毎年思うんですが、1人が複数の賞を独占するのはどうなんでしょうか。

1つの賞に対して8組の曲がノミネートされるので、最大で主要4部門で32組が受賞のチャンスを得ます。

それを1人が3つとか4つも獲ってしまったら、他のアーティストがやるせないと思うんですよね。

他の受賞できなかったアーティストを考えれば、複数獲得したアーティスト側も、素直には喜べないと思いますし。。

 

どうせ、複数アーティストが毎年のように独占するなら、4つに初めから分けないで「最優秀アーティスト」みたいなので1つにすればいいと思いますね。

 

私が言った所でどうにもなりませんが、非常に気になります。

が、愚痴はほどほどにして、何はともあれビリー・アイリッシュおめでとうございます!

10代で登る所まで登り詰めた彼女は、今後何を目指すんでしょうかね(笑)

 

では、最後に4部門の独占をした彼女のグラミーでのパフォーマンスをご紹介してお別れにします。

ホント、素晴らしいパフォーマンスです。

一度は生で見てみたいですね、彼女のライブ。

 

と言った感じで今回はこの辺で
ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。