ぱーぷるの日記

普段、過ごしていて思ったことを気ままに綴るブログです。内容は映画・音楽・英語など様々取り上げます。

MENU

私が選ぶ2010-19年のベスト洋楽アルバムTop100【08位: Delicated 07位: Coloring Book】

f:id:theclock:20190922112556j:plain

Hi !!

ぱーぷるです。

今回も2010年代のベスト洋楽アルバムを紹介していきます。

ここでは8位と7位の2枚。

過去のランキングは以下のリンクからチェックしてみて下さい

私が選ぶ2010-19年のベスト洋楽アルバムTop100
 では早速いきましょう。

 8.『Delicated』Carly Rae Jepsen 2019

Dedicated
Dedicated
posted with amazlet at 19.10.12
Carly Rae Jepsen
604
売り上げランキング: 412,479

Pop

Total Score: 29.0
Albam Point:22.0
Single Point:2
Listen Point:5

カナダ出身のシンガーによる4枚目。

このランキングを観てきてくれている方なら”またですか”って感じかもしれませんが、これで彼女は3枚目のランクインです。

なんでも、サウンドが良すぎるんですよ(笑)

前作からさらにテイストに変化があって、現代のハウスミュージックに80年代くらいのディスコ要素が取り入れられたものがあったりサウンドの幅がとても広がった印象です。

私の好みを知っているのかと思ってしまうくらいドンピシャの1枚です。

 売上とかをチャートアクションを見るとあまりパッとしませんが、私にとってはこれから先、間違いなく長く聴いていく1枚になるだろうと思いますね。

 ではアルバムから2曲ほど。

 

 

 7. 『Coloring Book』Chance The Rapper 2016

f:id:theclock:20191013105149p:plain
source: amazon.co.jp

Rap

Total Score: 30.0
Albam Point:21.0
Single Point:4
Listen Point:5

アメリカのラッパーによるミックステープ。

このアルバムがきっかけで2017年にグラミー賞で新人賞を獲得したり、レーベルを通さず自分でリリースしたアルバムにも関わらず全米のアルバムチャートで8位にランクインしたりと一気に知名度を上げました。

彼のサウンド特徴はなんといってもゴスペル調の爽やかなヒップホップです。

あと、独特のちょっと抜けた感じのラップも私は好きですね。

他のヒップホップラッパーと全く違う世界観がとてもオシャレで耳心地いいんですよ。

私にとって、ここ数年は朝のBGMの第一候補がこれになってますね。

余談ですが、このアルバムはCDリリースが無くておまけに日本ではごく最近までiTunesですら買えなくて、Spotifyなどのストリーミングでしか聴けませんでした。

なのでリリースされたばかりの頃は、”なんで買えんねや!”と音楽において閉鎖的な日本を恨んでました(笑)

ではアルバムから2曲♪

 

 

と言った感じで今回はこの辺で
ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひ下のボタンからこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。