ぱーぷるの日記

普段、過ごしていて思ったことを気ままに綴るブログです。内容は映画・音楽・英語など様々取り上げます。

MENU

学校で絶対に習わない英単語”crystal clear"の意味【英語】

f:id:theclock:20190614172920j:image

Hi !!

1週間毎日投稿チャレンジの2日目! 

どうもぱーぷるです。

 

今回は英語に関する記事。

 海外ドラマや洋画を観ていると、結構な頻度で登場するフレーズ”crystal clear"はよくよく考えると英語の授業で習った覚えがないなと思うんです。

という訳で今回はそんなcrystal clear"の意味について解説していきたいと思います。

ほんとに良く使われるフレーズなので覚えてて損はないですよ。

crystal clear「よ~く、分かったよ」

このフレーズはシンプルに”ダイアモンドのような綺麗さ”みたいな使われ方もしますが、ポピュラーなのは「説明理解できた?」と聞かれたときの返答文句としての意味だと思います。

これは例文から説明した方が分かり安いので早速、一文を紹介します。

”Are you understand what I'm saying? "

「私の言ったこと理解できた?」

という質問に対して

”Crystal Clear.”

と返答すると「良く分かりました。」

clearだけでも「分かった」みたいな意味になりますが、crystalを付け加えることで理解度が高いというのを表現できます。

 

この表現は皮肉的な使い方をされることも多いですね。

例えば、授業中に携帯をいじる生徒に対して

”Hey! Put away your phone now!"

"You can't use a phone in a class. Are you clear?"

「こら!携帯をしまいなさい!」

「授業中に携帯は禁止です。分かりましたか?」

としかる先生に対して、反抗的な生徒が

”Crystal Clear”

「よく分かりました。(はいはい、分かったよ。。)」

と返したとき、このcrystal cleaは皮肉的な表現になりますね。

 

 

と言った感じで今回はこの辺で

ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひ下のボタンからこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。