ぱーぷるの日記

普段、過ごしていて思ったことを気ままに綴るブログです。内容は映画・音楽・英語など様々取り上げます。

MENU

英語で数字どこまで言える?1万から10億までの英語表現について【英語】

f:id:theclock:20190525125957j:plain

Hi !!

ぱーぷるです。

今回は英語に関する記事。

ニュースとか映画を観ていると英語で数字を表現している場面に出くわすかなと思います。

そんな時に皆さんは瞬時に数字の大きさをインプットできているでしょうか?

日本の表現は英語と違ってて時々「あれ、いくつくらいや?」ってこんがらがるときが私もあります。

この記事ではそんな英語の数字表現をザクっと一覧にして紹介します。

基本編

まずは基礎となる表現からざっと紹介。

1万(10,000) = ten thousand

10万(100,000) = hundred thousand

100万(1,000,000) = million

1000万(10,000,000) = ten million

1億(100,000,000) = hundred million 

10億(1,000,000,000) = billion

要はコンマの位置で区切る感じです。

応用編(キリが悪い数字のとき)

続いて少しキリが悪い数字の表現にいってみましょう。

42万5千(425,000)

= four hundred (and) twenty five thousand

1580万(15,800,000)

= fifteen million and eight hundred thousand

= fifteen point eight million

1億2680万 (126,800,000)

= a hundred (and) twety six point eight million

数字がややこしくなっても考え方はほとんど一緒。

コンマ区切りごとに数字を言っていけばOKです。

ちなみに最後の数字は日本の総人口の値です。

これを英語ですらっと言えたらカッコいいと思いますよ(笑)

 

 

と言った感じで今回はこの辺で

ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひ下のボタンからこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。