ぱーぷるの日記

普段、過ごしていて思ったことを気ままに綴るブログです。内容は映画・音楽・英語など様々取り上げます。

MENU

(ネタバレなし感想)マーベル史上最強のヒーロー登場『キャプテン・マーベル』を観てきました!

f:id:theclock:20190316150203p:plain

suorce:"Captain Marvel" offical twitter

Hi!!

ぱーぷるです。

今回は3月15日から公開された映画キャプテン・マーベルを観てきたのでその感想とかを書いていこうと思います。

4月に公開の『アベンジャーズ:エンドゲーム』に登場するキャプテン・マーベルを描いてて、アベンジャーズの次作を観る人は要チェックな作品だと思います。

とか言ってる私はアベンジャーズシリーズを1つも観てないし、マーベル作品も『キャプテン・アメリカ』の3作品くらいしか観たことがない完全にわかですけどね(笑)

なのでこの感想記事はあくまでマーベル初心者目線であることを配慮して読んでいただけると幸いです。。

舞台は1990年代L.A.(ロサンゼルス)

まずは作品の時代などについてから。

ストーリー冒頭、異星人”スクラル”に捕らわれたキャロル(ヴァース)がその船から脱出してからたどり着いた(墜落した)のが1995年のロサンゼルス

携帯がなくポケベルがあったり、アナログゲームがあったりして今となっては"レトロ"な世界が表現されてました。

私は全然詳しくないのでアレですが、街を走る車は角に丸みのない昔ながらのセダンが登場してて、車好きにはたまらないのかなとか思いながら観てました(笑)

あと音楽に関しても、作品を通してブルースロックやオルタネイティブのテイストの強い曲が多く使われてて、マーベルならではのテクノロジカルな世界観とは対照的で私はいいなと思いました。

90年代はロック全盛期でしたからね。。

そんな感じで、世界観や時代背景は良く出来てるなと思いました。

 

あと凄いなと思ったのが、映像技術の点ですね。

フューリー役の人は加工で25歳若返らせていたのですが、観てる間には何の違和感も感じなかったです。

加えて私が凄いなって思ったのがキャプテン・マーベルが空を飛ぶシーンです。

動きが驚くほどに自然で一体どうやって撮影してるんやろと思ってしまいましたね。

やはりこの辺りはマーベルシリーズが映画業界のトップを行く所以なのかなと感じました。

キャプテン・マーベル(キャロル・ダンバース)について

最後にキャプテン・マーベルのキャラクターについて。

彼女の描かれ方はとても良かったと思います。

マーベル映画で初めて主人公が女性のスーパーヒーローということで、観る前は”女性だけど強いんだぞ”みたいな女性だからというメッセージ性が強く出るのではとちょっと不安に思ってたんですが、そんな描かれ方はほとんど無かったですね。

とにかくカッコよくて、強くて、正義感もあってまさにヒーローという感じ。

でも戦闘シーンはとてもカッコいいのですが、それ以外(特にフューリーといるときとか)ではお茶目な感じもあってそのギャップがまたいいですね。

このキャラクターの良さはキャロル役を演じているブリー・ラーソンの実力の高さもあるのかな。

 

それにしても彼女の能力は圧倒的過ぎますね。。

他のマーベルヒーローとは比較にならないくらい強い気がします(笑)

次のアベンジャーズでは心強い助っ人になりそうです。

 

最後にこれは個人的に気になるんですが、キャロル・ダンバースという名前がDCコミックの『スーパーガール』の地球での名前カーラ・ダンバースと苗字が被ってるのって大丈夫なんでしょうかね。

同じ女性ヒーローで能力も似た部分の多い2人なんですが、これは単なる偶然なのかな? 

初めてIMAXで鑑賞して思ったこと(余談)

IMAXというのは従来の3Dのグレードアップしたようなものなんですが(説明がテキトー過ぎ…)私は今回、そんなIMAXに初挑戦しました。

それでIMAXで観てていい所と良くない所の両方ありましたね。

いい所は音響面です。

スピーカーが前と後ろの左右(私が把握した限り)に設置されてて、従来のサウンドより立体感が出ている印象でした。

砂埃舞う空間でのシーンはほんとに自分がその砂埃の中にいるような感覚になったし、遠くの音、近くの音の区別がよりリアルになってたり、小さい音の輪郭が結構クッキリと聞き取れたところはちょっと感動しましたね。

この音響のおかげでいつもより臨場感を味わいながら観ることができて、とても良かったですね。

 

一方、良くなかったのが3D映像でしたね。。

これは私が3D映像に慣れてないからなのかもしれませんが、どうも違和感がありました。

ストーリー冒頭のキャロル(ヴァース)とヨン・ロッグとの訓練のシーンでキャロルの腕が妙に長く見える場面があって、その他にもちょっと物理的に変な形になってる所がちらほら見られて、そこが毎回気になってしまいました…

2Dより目が疲れるのに、それに見合った利点が感じれなかったです。

結果、IMAXは大満足までいきませんが、小満足くらいですかね(笑)

でも値段が2Dの1.5倍くらいしたことを考えたら次もIMAX観ることは無いかな~。

音響はIMAXで映像は普通の2Dとかがあればそれで観たいです…

 

 

と言った感じで今回はこの辺で

ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひ下のボタンからこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。